本当にできたバストアップ

諦めないで!

3児のママでも出来たバストアップ


バストアップ揉む



→私が成功!ベルタプエラリア





【ナイトブラが効かない?!】胸を大きくするのに必要なのは?

ナイトブラの役割

・形を保つ
胸は、9割が脂肪でできています。
特に日本人の胸の質は、乳腺型ではなく脂肪型の人の方がが多いので、夜寝る時にブラジャーも何もつけないで寝ると、胸の脂肪が横に流れて形が崩れてしまいます。

 

ナイトブラは、どちらかというと矯正下着のようなものです。
寝ている時の胸の形崩れを防ぎ、胸の形を整えてくれる働きがあります。

 

比較的背中や脇などに脂肪がついている人がナイトブラを使うと、流れていた脂肪が胸の元の正しい位置に戻って大きくなることがあるようです。

 

 

・効果が薄い人
胸に流れるほどの脂肪がないくらい小さく、背中や脇にも集める脂肪が無いくらいに痩せている人にとっては、さほど胸が大きくなる効果はなさそうです。
横向きで寝る時に、形が崩れないように支えてはくれるでしょう。

 

 

脂肪は移動するのか

「矯正下着やマッサージなどで脂肪を胸に動かして大きくする。」と言うことを聞いたことがありますが、ナイトブラも同じような効果があるのでしょうか。
そもそも脂肪って移動するものなのでしょうか。

 

・脂肪について
脂肪は、過剰に摂取されて余ったエネルギーを中性脂肪に変えて、身体に蓄積します。

 

食べ物が食べれなかったり、運動したりしてエネルギーが不足したときは、脂肪に蓄積されたエネルギーを使うことによって生命を守ります。
胸の脂肪は乳腺のまわりについていき、乳腺を守るクッションの役割をしています。

 

・分解→合成
「1度ついた脂肪はなかなか取れない」と言うイメージがありますが、実は、脂肪は分解と合成を繰り返していて、絶えず入れ替わっています。
「新陳代謝が活発で、、、」と言ったりしますが、"新陳代謝"とは、古い細胞が新しい細胞によって押し出されることを言い、脂肪も同じなのです。

 

脂肪は、つねに分解されて脂肪酸というエネルギー源となって血液中に流れていき、使われなかったエネルギー源は脂肪細胞に戻って来てまた中性脂肪に合成されます。

 

 

・移動ではなく位置の違い
二の腕や脇腹などの特定部分に対しマッサージやトレーニングなどをして、その部分の脂肪を燃焼、エネルギーを消費させ続けることで、その部分に脂肪がつきにくくし、違う場所に脂肪がつくように促すことが、「脂肪を移動させる」と言われているようです。
正確には「脂肪を移動させる」のではなく、「脂肪がつく位置を変える」のですね。

 

脂肪のつく位置が胸から他のところに変わらないようにナイトブラを着用すると、寝ている間も脂肪を良い位置にキープしてくれます。

 

 

選びかた

ナイトブラを選ぶときは、緩すぎず、キツ過ぎないものを選びましょう。
緩すぎると形を保てず効果がなくなりますし、キツ過ぎると血流を妨げてしまうためです。

 

ナイトブラを着けたからすぐ胸の形が綺麗になる、大きくなるわけではありません。

 

睡眠時間をしっかり取ることも大切です。
良質な睡眠時間を取りながら、ナイトブラをうまく使っていきましょう。

おっぱいを大きくする方法【全集】記事一覧

すべてのお酒に胸が大きくなる効果があるわけではありません。ある成分が含まれるお酒だけ効果があります。そのお酒は、赤ワインです。赤ワインにはポリフェノールが含まれています。その他に、ある成分を含む飲み物を混ぜて飲む方法もあります。・ポリフェノールとはポリフェノールは、植物が光合成したときにできる色素や苦味の成分です。ほとんどの植物に含まれていて、5000種類以上存在しています。緑茶に含まれるカテキン...

甘酒ってなに?寒い冬やひな祭りに飲むイメージがある甘酒。そもそも甘酒って子供も飲んでますし、お酒なのか何なのか気になります。甘酒には酒粕と米麹の2種類あります。それぞれ原料が異なり、酒粕はお酒から、米麹はお米から作られます。酒粕酒粕は、日本酒など、麹を発酵熟成させてお酒に精製した時に残る白色の固形物です。砂糖を加えて甘くしますので、カロリーは高めです。お酒を作るときに残る物なので、捨てずに甘酒とし...

女性ホルモンは女性らしい体を作るのに大切なホルモンです。女性ホルモンを使って胸を大きくする方法をまとめました。女性ホルモンとは胸が大きくなるためには、女性ホルモンが重要です。女性ホルモンが働いて乳腺が増殖、発達し、乳腺のまわりに脂肪がついていくことで胸が大きくなるからです。女性ホルモンは2種類ある!女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンが...

豆乳とは豆乳は、大豆から作られています。ゆでた大豆をすりつぶして絞った液体が”豆乳”、残った固形物が”おから”で、豆乳に”にがり”をまぜると”豆腐”になります。豆乳は、大豆や豆腐などの固形物に比べて液体なので消化吸収率が高いので、栄養成分を効率良く消化吸収してくれます。栄養成分豆乳には、良質なタンパク質が多く含まれている他に、カルシウム、鉄、ビタミンB1、イソフラボンなど栄養が豊富に含まれています...

甘いものをたくさん食べると、当然のことながら太りやすくなります。身体にあまり脂肪がついていない痩せ型の女性が胸を大きくしたいときは、実は多少太る必要があります。胸の9割は脂肪で出来ていますので、乳腺が発達して増えても、その周りに脂肪がつかないと乳腺だけで大きくするには限界があります。胸を大きくしたいときは、うまく胸に脂肪をつける必要があるのですね。・ストレス解消疲れているときやイライラしているとき...

<大胸筋とは>胸は、9割が脂肪、1割が乳腺で、それらを支えるクーパー靭帯と大胸筋でできています。大胸筋は、胸を支える土台の筋肉です。大胸筋を鍛えると、胸周りの筋肉の厚みを増やすことができます。乳腺や脂肪を増やして大きくするのではなく、筋肉を厚くして大きくするのです。また、大胸筋を鍛えることで、胸が垂れないように胸の形を上向きに保つことができます。せっかく胸が大きくなるなら形が良い方が良いですよね。...

<成長ホルモンとは>・分泌される時期成長ホルモンは、13〜17歳くらいの成長期に一番多く分泌されます。”成長ホルモン”という名前だから成長期だけに分泌されるわけではありません。成長期を過ぎても分泌され続け、身体の細胞を活性化させたり身体になくてはならない成分です。・筋肉強化で大胸筋アップ成長ホルモンは、筋肉を強くすることにも一役かっています。重いダンベルなどを持ってのウェイトトレーニングや短距離走...

・クーパー靭帯とはクーパー靭帯は、胸の乳腺や脂肪をまとめるように支えているコラーゲン線維質です。普通、靭帯は伸びたり縮んだりしませんが、クーパー靭帯は多少の伸縮性があります。しかし、ゴムのように伸び縮みはせず、伸びたら縮みません。クーパー靭帯が伸びたり切れてしまうと、胸のふくらみを保つことができなくなり垂れていきます。・復活できるか残念ながら、1度伸びてしまったクーパー靭帯は縮みませんし、切れてし...