本当にできたバストアップ

今の時代、
ネットで調べればなんでもわかります。
口コミやレビューもたくさんあります。

だから、私の成果を信じなくてもいいんです。
ただ、もしあなたが迷っているなら
参考にしてみてください。

バストアップ揉む



→私が成功!ベルタプエラリア





【胸が崩壊!?】あなたの知らない胸の形が崩れる原因

<クーパー靭帯>
胸の形が崩れる主な原因は、クーパー靭帯です。
クーパー靭帯とは、胸の乳腺や脂肪をまとめるように支えているコラーゲン線維質です。
このクーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、乳腺や脂肪を支えきれなくなり、胸の形が崩れるのです。

 

・サイズが合っていないブラジャー
自分の胸のサイズに合うブラジャーをすることは大切です。
意外と多くの女性が、自分のサイズに合わないブラジャーをしています。
実際のサイズより大きいサイズをつけていると、胸をホールドする力が少なくなりクーパー靭帯が揺れやすくなります。
胸の揺れは、クーパー靭帯にとっては大敵です。
また、アンダーがきついブラジャーをつけていると、血行が悪くなり胸が小さくなってしまうかもしれません。

 

・運動
マラソンやバスケット、サッカーなど、胸が激しく揺れる運動も胸の形が崩れる原因となります。
激しく胸を揺らし続けると、乳腺と脂肪を支えるクーパー靭帯にかなりの負担がかかり、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまいます。
運動するときは、ホールド力のあるスポーツブラなどを着用して胸の揺れを防ぎましょう。

 

・睡眠時
胸の9割は脂肪ですので、何もつけずに仰向けに寝ると、胸の脂肪は横へ流れてしまいます。
睡眠時の長時間に胸の形が崩れたままだと、乳腺や脂肪を支えるクーパー靭帯を痛めてしまい、胸の形が崩れる原因となります。
ナイトブラジャーを着用して、胸の脂肪が流れないよう保ってあげましょう。

 

 

・妊娠、授乳期
妊娠すると女性ホルモンの影響で胸が徐々に大きくなっていき、出産すると赤ちゃんの栄養である大切な母乳が作られます。
授乳期には乳腺で母乳が作られ、1〜2カップくらい大きくなります。
この急な胸の大きさの変化はクーパー靭帯に負担をかけます。
赤ちゃんが生まれると胸の形のケアどころではないのが正直なところですが、授乳期につけるブラジャーはサイズ変化に柔軟に対応できる、締め付けずに適度なサポート力のあるものを選びましょう。

 

 

<女性ホルモン>
胸の形が崩れる原因に、胸の張りがなくなることがあります。
これは、女性ホルモンが大きく影響しています。

 

・女性ホルモンのバランスの乱れ
女性ホルモンのバランスが乱れると、胸の張りがなくなってしまいます。
ストレスの蓄積、偏った食生活、過度の運動、睡眠不足などは女性ホルモンのバランスが乱れる原因となりますので気をつけましょう。

 

・歳を取る
歳を取ると、皮下脂肪がだんだんと薄くなり、女性ホルモンの分泌が減っていくことで、胸の張りがなくなっていきます。
胸の土台である大胸筋も衰え、胸の脂肪をうまく保てなくなります。
身体のコラーゲンが減少するため、コラーゲンから作られているクーパー靭帯も衰えていきます。

 

歳を取ると身体のいろんな部分が衰えていき、胸もその衰えは間逃れられないのですね。

関連ページ

「カフェインは胸に悪い?」意外な結末が!
カフェインを取ってる人、かなり多いと思います。カフェインが胸に悪いのか?本当のところを調べました。
【旦那の本音に唖然】貧乳に対する旦那の本音を調べたら・・・
貧乳って嫌なんだよね。なんて旦那さんは本音をもらしてますか?妻の前で貧乳否定をする旦那さんは少ないかもしれません。実際は貧乳についてどう思っているのでしょうか?まとめました。
「胸を揉むと小さくなる!?」原因を調べた結果
胸を揉むと小さくなるという事がありますが本当なのでしょうか?胸を揉むと小さくなる原因を調べました!
【胸を復活】これがバストアップ食材!
胸を復活させる食品がある?!そんな情報がありました!胸を復活してくれる食べ物は何か?チェックしてみましょう。
「マカは胸を大きくしてくれるの?」真相はこちら!
最近ささやかれているマカの効果。マカが胸を大きくしてくれるらしいんです。マカとバストアップについて調べてみました。