本当にできたバストアップ

諦めないで!

3児のママでも出来たバストアップ


バストアップ揉む



→私が成功!ベルタプエラリア





「マカは胸を大きくしてくれるの?」真相はこちら!

マカとは

マカは、南米ペルーの標高4000m〜5000mの高地で栽培されている、アブラナ科(キャベツやかぶなど)の多年生植物です。
多年生植物性とは、茎の一部や根などが枯れずに残って、毎年茎や葉を伸ばす植物のことを言います。

 

日本では「マカは男性の精力剤」として有名ですが、ベルーの現地では「アンデスの人参」「アンデスの女王」と呼ばれ、滋養食や保存食として使われています。
マカはペルーの貴重な資源なため、マカをそのまま加工せずペルー国外に持ち出すことは法律で禁止されています。

 

 

胸への影響

栄養が豊富に含まれるマカは、女性に、女性の胸にどのような影響があるのでしょうか。マカに含まれる成分をいくつか見ていきましょう。

 

・アミノ酸
マカには、アミノ酸が多く含まれています。
アミノ酸とはタンパク質の一種です。

 

胸を大きくするためには、良質なタンパク質は必要です。
胸が大きくなるためには女性ホルモンの分泌が大切で、タンパク質はホルモンの原料ですので、女性ホルモンが作られるためには欠かせない成分なのです。

 

 

・アルカロイド
アルカロイドは、動脈内の血流をスムーズにする働きがあります。
緊張状態を緩和したり、疲労を和らげる効果もあります。

 

ストレスや疲労の蓄積は、胸を大きくしたい時には大敵です。

 

 

・アルギニン
アルギニンには、血流を改善する効果があるため、冷え性に効果があると言われています。
また、成長ホルモンの分泌を促してくれます。

 

成長ホルモンは、分泌されても受け皿であるラクトゲン受容体が胸にないと、胸が大きくなる働きに効果はありません。
ラクトゲン受容体が胸にないと、成長ホルモンの指示を受け取れずに胸への働きかけができないのです。
自分の胸にラクトゲン受容体があると信じつつ、成長ホルモンの分泌が促されて胸が大きくなることに期待したいものです。

 

また冷え性改善は、胸を大きくするためには重要です。
身体の冷えは、血行を悪くし、脳から卵巣への”女性ホルモンを分泌するように”という指示がうまく届かなくなったり、卵巣で作られた女性ホルモンが胸にうまく届かなくなってしまいます。

 

 

・植物性エストロゲン
植物性エストロゲンは、女性ホルモンに似た働きをします。
エストロゲンは、胸の乳腺を増やし、脂肪を蓄える働きがありますので、植物性エストロゲンにも同じような働きが期待できるのです。
胸が大きくなるということは、 胸の乳腺が増えて脂肪が増えていくことですので、植物性エストロゲンは胸を大きくする効果が期待できるのですね。

 

 

マカには、胸を大きくする効果のある成分がたくさん含まれているのですね。
ならば、たくさん摂取したいところですが、何ごとも過剰摂取はよくありません。

 

 

・副作用
マカには副作用があります。
マカは、ホルモンバランスを整える働きがあるため、男性ホルモンや他のホルモンにも影響を与えます。

 

急激に男性ホルモンが増えると、一時的な生理不順や無月経になってしまう恐れがあります。
また、男性ホルモンが慢性的に多くなると、月経周期が長くなったり、無月経などの卵巣の病気になることがあります。

 

マカによってこれらの症状が出てしまった場合は、一旦マカを摂取するのをお休みしましょう。
栄養価が高いとはいえ、体質によって合う合わないがありますので、「身体に良いから。」「胸を大きくしたいから。」と無理に摂取し続けないようにしましょう。

関連ページ

【胸が崩壊!?】あなたの知らない胸の形が崩れる原因
胸の形が崩れたら・・・それは悲惨なことになります。胸の形が崩れる原因とは?!
「カフェインは胸に悪い?」意外な結末が!
カフェインを取ってる人、かなり多いと思います。カフェインが胸に悪いのか?本当のところを調べました。
【旦那の本音に唖然】貧乳に対する旦那の本音を調べたら・・・
貧乳って嫌なんだよね。なんて旦那さんは本音をもらしてますか?妻の前で貧乳否定をする旦那さんは少ないかもしれません。実際は貧乳についてどう思っているのでしょうか?まとめました。
「胸を揉むと小さくなる!?」原因を調べた結果
胸を揉むと小さくなるという事がありますが本当なのでしょうか?胸を揉むと小さくなる原因を調べました!
【胸を復活】これがバストアップ食材!
胸を復活させる食品がある?!そんな情報がありました!胸を復活してくれる食べ物は何か?チェックしてみましょう。